株式会社 東建工業

表面処理(動画):ウォータージェット工法施工例:山梨県

こんにちは!

2021年2度目となるウォータージェット工事の当社施工事例を紹介させて頂きます。

 

前回は同時吸引方式での表面処理(コンクリート目粗し処理)の施工例を紹介いたしました。

今回も表面処理ですが、同時吸引方式ではなく「エコトップスピン」というガン先をエアーで回転させることで平面の施工を可能にする機材を使用しています。

 

今回の施工現場はとにかく広かったです!

 

施工対象は約1200㎡でしたが、これだけ吹き抜けているともっとあるように感じます。

それもそのはず。

今回の施工対象は、「頭首工」という設備です。

 

頭首工とは?

頭首工とは、農業用水を河川から取水するため、河川を堰き止めて水位を上昇させ、水路へ流し込む施設(水門、堰堤、土砂吐等)のことで、用水路のの部分にあたることからこのように呼ばれています。

参照:「頭首工とは?」|大分県ホームページ

 

こういった農業などの生産に欠かせない設備の補修工事でもウォータージェット工事が採用されています。

ありがたい事ですね。

 

では、こちらが施工動画です。ご覧ください。

 

㈱東建工業:ウォータージェット施工事例
コンクリート表面処理(目粗し処理)

※大きな音が出る場合もございます。音量にご注意下さい。

 

実際の施工のご依頼や、お見積りの作成も随時お受けしております。

施工可能かどうかのご相談も、お気軽にご連絡ください。

 

 


 

 

※更に詳しい情報をご希望の場合は、こちらのボタンから当社にお問い合わせ下さい。

上記ボタンより、当社への施工、現調、見積もり依頼も承っております。

お電話でのお問い合わせも随時承っております。

お気軽にご用命下さいませ。

 

ウォータージェット工法の資料、当社についてのパンフレットをご希望の方は、こちらから申請フォームをご利用下さい。

 



©2018-2020 東建工業 Allright Reserved.